2018年12月04日

ハイキュー!!35巻 発売開始

 12月4日にハイキュー!!35巻が発売されました。
早速、ワンダーグーにいったら、売ってありました。

20181204ハイキュー!!35巻.jpg
20181204ハイキュー!!35巻裏.jpg

 ハイキュー!!は娘と嫁が大好きな漫画です。寝る前にハイキュー!!を読みながら寝ています。
アニメになった記憶があります。アニメは私も見たことがあると思っています。
残念ながら、漫画は一度も読んだことが私はありません。


楽天ブックスは送料無料なのがよいですね。

posted by 象さん at 23:50| Comment(0) |

2018年12月01日

家庭菜園のために畑を作成中(12/1の成果)

 本日は朝から、家庭菜園のための土作りを行っていました。
時間的には途中休憩(食事等)もありましたが、10時〜16時の作業を行いました。
 明日は筋肉痛にならないといいけれど。

朝の作業前の写真です。
20181201朝の作業前.jpg
20181201朝の作業前2.jpg

作業終了後の写真です。
20181201夕方作業終了.jpg
左の山が草や石を取り除いた土となります。右の山がまだ掘り起こしただけで、未着手のものとなります。

私は素人ですが、だいぶ作業効率がよくなってきたのではないかと思います。
 今年中には終わらせたいですね。

タグ:家庭菜園
posted by 象さん at 17:26| Comment(0) | 食べ物

2018年11月30日

家庭菜園のために畑を作成中

 最近は、異常気象で野菜が高騰しており、嫁が家でいくつかの野菜を作りたいと言いました。
確かに、コスト削減のためには家庭菜園は大事かもしれません。

 今まで、芝生だったエリアを畑に変えようと作業中です。
芝を掘り起こしている写真です。
20181130芝を掘り返しています.jpg

芝を掘り返して、積み上げている写真です。
20181130芝を掘り返して積み上げ.jpg

草&根と土を分離している作業です。
20181130根と草を分離.jpg

 土と石を分離している作業です。
20181130土と大きな石を分離.jpg

このような感じで、11月中旬から行っていますが、なかなか進みません。(涙)

必要な道具としては、3つあります。
1.鍬 ---- 芝生を掘り起こすため。
2.熊手 ---- 芝についた土を分離させるため。
3.篩 ---- 石と土を分離するため。

鍬は、嫁も使うので小さめのものを購入しました。嫁も連れて行き、確認した方が間違いがないと思います。


色とか形はそっくりです。

熊手は下のような感じです。



篩は下の写真と同じものです。網の大きさが数種類あるとすごく便利だと思います。



 今年中には、畑を完成したいと思っています。
頑張ります。
タグ:家庭菜園
posted by 象さん at 20:26| Comment(0) | 食べ物

2018年11月18日

娘が「ヒプノシスマイク」を欲しがっています

 娘が表記の「ヒプノシスマイク」を欲しがっています。
娘があまりにもほしがっているので、長男が池袋のタワーレコードに購入しに行ったら売り切れみたいでした。

 楽天で探してみるとありました。


 送料は無料ですね。2,000円です。(20181118現在)

 アマゾンだと、1曲ずつ購入するタイプだと

1,200円でした。ダウンロード方式です。




CDなので、楽天と同様で2,000円でした。

 この「ヒプノシスマイク」を探している方は参考にしてください。
アニメイトで購入をすると、特典がもらえるみたいです。
posted by 象さん at 17:04| Comment(0) | 日記

2018年11月17日

カッターで11回切りつけても破けないバックパックのスリ防止機能が気に入っています

 そのバックパックは、アピロスの「ClickPack Pro」です。





上の写真はamazonですが、14,850円で、最も安価だと思われます。

4つの防犯機能を備えた多機能バックパックです。通勤、通学、買い物、旅行などさまざまなシチュエーションで、スリや置き引きなどの盗難被害を防ぐための機能が採用されています。

 ひとつめの機能が「TSAロック」

 本体右側面にはワイヤーロックが仕込まれており、いつでも素速く引き出して、テーブルの足、ベンチの肘掛け、ガードレールなどを利用して固定可能です。

 一般的なバックパックには単層構造のファスナーが用いられており、ナイフやドライバーなど差し込めば、いとも簡単にファスナーは破壊されてしまいます。本製品にはYKKの表裏二重構造の不正開閉防止ファスナーが採用されており、ピッキングに対する耐久性が高く設計されているみたいです。

グレーのメイン素材部分は、高分子ポリエチレン(60%)、極細ポリエステルファイバー(30%)、グラスファイバー(10%)で構成されており、ケブラー素材より40%。カーボンファイバーの2倍の強度を実現しています。メーカーの社内試験ではカッターで11回切りつけても切り裂くことはできなかった
 
 ClickPack Proはサイズが幅34×高さ46×奥行き16cm、重量が1289gと比較的コンパクトで軽量です。
多くの収納スペースが確保されています。最大の特徴はバックパックの上部スペースを有効活用するためのふたつのポーチです。

装備がUSB充電ポート。モバイルバッテリー収納ポケットに大容量モバイルバッテリーを接続・収納しておけば、ショルダーベルト下部のUSB充電ポートにUSBケーブルを接続するだけで、すばやくスマートフォンや携帯ゲーム機を充電可能です。

 私としては、欲しいバックパックの一つです。

posted by 象さん at 20:12| Comment(0) | おもしろ商品