2018年05月30日

本「いつかすべてが君の力になる」が届きました


 先週から、本屋で表記の本を探していたのですが、見るからず、アマゾンで購入して届きました。
娘がこの本を欲しがっており、帯に「14歳の世渡り術」と書いてあり、娘の14歳で、梶裕貴のファンということで、購入しました。



 娘に感想を聞いてみます。
また、届いた本を写真に撮りましたので、参考としてください。

20180530いつかすべてが.jpg

20180530いつかすべてが裏.jpg

20180530いつかすべてが横.jpg

続きを読む
タグ: 梶裕貴
posted by 象さん at 00:54| Comment(0) |

2018年02月19日

あなたを天才にするスマートノート


 自分の手帳で、過去に書いた文字で「スマートノート」という言葉がありました。
Googleで検索したところ、表記の本が検索結果として出てきました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたを天才にするスマートノート [ 岡田斗司夫 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/19時点)




中古はこちらです。




 これは5行ノートですが、別の本では同じような手法で3行ノートがあります。
下に紹介します。






 私は、いずれの本もまだ購入はしておりません。これから購入したいと思っている本です。

posted by 象さん at 22:51| Comment(0) |

2018年01月07日

本「逆境経営」を読みました


 本日は、一日休みでしたので、大好きな読書をしました。
読んだ本は「逆境経営」です。

 有名な「獺祭」の酒元の社長が書いた本です。
全く本とは関係ありませんが、私は山口県岩国市の出身です。
 なので、あの叔父さんが・・・。という感じです。



1,620円です。送料無料です。

中古の本として、


364円です。送料無料です。

 自分の仕事と照らし合わせて読んでしまいました。
色々と勉強になります。

 この酒元は本当に田舎にあります。
川はきれいで、私が小さいときには天然のスッポンがいた記憶があります。
 祖父がプール代わりによく連れて行ってくれました。
 泳いで、のどが渇くとそのまま川の水を飲んでいました。

 昨年、実家に戻ったときは、酒元の販売店で「お一人様一本まで」が撤廃されていました。これからは、興味本位でなく、「獺祭」の好きな人が買って飲むという正念場ではないでしょうか。

獺祭を紹介します。









 私はお酒を飲まないので、味はわかりません。申し訳ありません。
posted by 象さん at 19:35| Comment(0) |

2017年07月03日

本「京都よ、わが情念のはるかな飛翔を支えよ」

 すばる文学賞を受賞した本です。
大学の闘争を書いた本です。世代が違うので今の人は読んでもわからないかもしれませんね。

 なぜ、急に書いたかというと、
この本を買って、作者のサインを本に書いてもらいました。
書いてもらった場所は、塾です。この作者は河合塾の英語講師をしておりました。(当時)

 いまでも覚えているのが、housekeeperを家政婦と訳したのですが、この作者は文脈から、家政婦ではなく、人妻と訳した方が文書として通じると言われたのが、すごく衝撃的でした。
 辞書通り訳さなくても良いのかと思った次第です。

ついでに、この本を紹介します。


 私は、実家に置いてあります。サインが付いているのでいつかは価値が出るのではと思っています。(??)

タグ:松原好之
posted by 象さん at 23:59| Comment(0) |

2017年06月20日

本「エロ本自動販売機探訪記」

 皆さんは、最後のエロ本を購入したのは何時ですか?
私は、25年以上間に購入したのが最後ではないかと思っております。
私が大学生の時にはすでにVIDEOが主流でしたね。

 ドライブで、田舎の国道のそばにエロ本の自動販売機があったことを思い出します。

 今や、エロ本の自動販売機は絶滅寸前だそうです。






 私は、古い自動販売機を探しては、その自動販売機の商品を食べるのが好きです。
古い自動販売機の本も出ていますので、今度紹介しますね。
posted by 象さん at 22:57| Comment(0) |