2017年01月29日

FD3Sのステアリング交換


 先週と今週でFD3Sのステアリング交換をしました。

 交換理由は、純正のステアリングの皮の部分が剥けたためです。
写真を見てください。
IMG_20170114_剥けたステアリング.jpg

 純正のステアリングを使っていました。純正でナルディです。エアバッグ付きですが・・・。
ステアリング分解途中の写真です。
IMG_20170114_ステアリング分解中.jpg

 ステアリングを分解する際に参考にしたのは、


です。この商品は以前購入してあったものです。
便利なのは、写真でなく動画で見れるので、コネクターの外し方とかがわかりやすいです。

 このDVDでは、ピラーの部分にミラー型レーダーのコードを這わす際にも使いました。
FD3Sに乗っていて、自分でメンテナンスしたい人には便利な商品だと思います。

 このDVDを参考にして、ステアリングを交換した結果が、IMG_20170122_ステアリング交換後.jpg
IMG_20170122_交換後その2.jpg

 FD3Sのボスは数種類あるので注意してください。
同じ年式でも、違うボスがありますので、よくわからない人はステアリングを一度外して構造を見るとどのボスを購入するかわかります。
 私も、ボスを購入する前にステアリング取って確認した次第です。

 購入したボスは、


このショップから購入しました。
 購入理由は、安価だったことと車検対応だったことです。

 取り付けは簡単でしたが、締め付けトルク3Kgと書いてあったのですが、念のために強く締めたら亀裂が入ってしまいました。
IMG_20170129_ボス亀裂.jpg 

 なので、また同じショップから同じ商品を購入しました。(涙)
お金も2倍という感じですかね。

 本日、亀裂の入っていないボスを取り付けて、完成です。
エアバックは写真の通りなくなってしまいました。ですが、エアバックランプは転送しないようになっています。この商品の付属品として、エアバックのランプを消すためのコードが入っていました。

 テスト走行では、ウインカーの戻りも今まで通り自動で戻ります。

 私の任意保険は、ソニー損保なので、エアバックが無くなったことを電話しましたが、保険料は変わらないということでした。
 ソニー損保は、ネット系保険ですが、マル改の車も保険に入ることができますので、私は非常に重宝しております。
 今後もソニー損保に加入し続けたいと思います。
 以前、チューリッヒ保険にマル改で入りたいと電話したら、マル改は契約できないとの回答をもらいました。






posted by 象さん at 19:43| Comment(0) | 車関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: